基板の作り方 パタン起こし法 (2)

穴があいたら次は、パタン図を見ながら油性マジックでパタンを描いていく。水性のマジックだと手が真っ黒けになるので注意。

20150307_181350

パタンが描けたら、ルータのビットを研磨用ダイヤモンドビットに付け替える。

20150307_184100

回転でビットの位置がずれないようにしっかりとルータをもちながらパタンを描く。

20150307_184314

パタンが描けたら、スチールウールで表面を磨いて、銅箔面を綺麗にする。こうすることで、油性マジックも綺麗に落ちる。

20150307_191231

銅箔面はすぐにさびてくすんでしまうので、光沢があるうちにフラックスを薄く塗り、はんだを薄くのばしながらコーティングする。フラックスを塗っておくと、びっくりするぐらいはんだが良く延びる。コーティングが終われば、基板は完成だ。

次からは部品を載せる方法を紹介する。

前回へ  次回へ

(Visited 160 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする