3Dプリンタ(5) フィラメントリールアダプタ

3Dプリンタを購入した際にPLAのフィラメントが1巻付いてきた。ただ、実際に物を作る際にはPLAよりもABS素材のほうが扱いやすそうだ。そこで、さっそく追加でフィラメントを購入。純正品は非常に高額なので、日本メーカの安価なものを購入。リールの穴の大きさだけ確認し、大丈夫と思って注文したら、なんと厚みが厚くて付属のリールホルダにうまく引っかからない。

とりあえず、床にリールを置いたまま使うと、フィラメントがねじくれて引っかかってしまう。暫定で引っ掛けるものを即興で作ってしのいだが、せっかく3Dプリンタで好きな造形を自由に作れるのだからと考え、ホルダを延長するアダプタを作ってみた。

3D CADも何とか使えるようになってきてこんな感じで設計することができるまでになってきた。

さっそくプリントしてみるとこんな感じに。

 

右の黒いのが元々のリールホルダで緑のが今回作ったアダプタ。つなげるとこうなって、リールを通すとこんな感じでジャストフィット。なかなか良い出来だ。

このようにちょっとしたものがサクサクっと作れると、便利この上ない。アダプタの設計に半日程度かかったわけで、これが1時間ほどでサクサク作れるように精進しようと思う。

前回へ  次回へ

(Visited 381 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする