PV用DCDCコンバータ開発(24) 強制空冷効果を検証

DC-DCコンのFETは、40kHzでスイッチングしているとかなり熱を持つ。

これまでは、パソコンのCPU用ごっついアルミフィンをヒートシンクとして利用していた。

ディープサイクルバッテリ入手を契機に、もう少し電流を流してみようと思い、冷却機能を高める実験をした。

ヒートシンクだけだと、晴天時に5Aほど流すと結構熱くなった。パソコン用の冷却ファンで冷してみると、どれだけの効果があるのか・・・・

s-20121223バッテリ003

しばらくして、フィンをさわるとほとんど常温と変らないほど冷えている。ファンがない時には、結構チリチリだったのに、これは劇的な効果。やっぱり使った方が良いのか?でも、ファンは必ず壊れるもので、ファンに頼った設計をすると、ファン故障と同時に周辺素子まで昇天してしまう。悩ましいところだ。もうちょっと考えよう。

前回へ  次回へ

(Visited 916 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする