高精度スマート電力計試作

スマートプラグを改造してきたのだが、急展開で、それらを試作品として某社に納めることになった。

自分が使う訳ではないので、見栄えまで含めて綺麗に仕上げなければならない。気合いを入れて加工した。

s-RIMG0141

スマートプラグは、コンセントの間にはさんで電力を測定する装置ですが、スマート電力計は、既存機器(停止不可能)の電流を測定するため、非接触の電流センサと組合わせなければならない。そのため、スマートプラグの内部で電流を測定している部分を加工し、外に信号線を引き出す改造を行った。

接続の向きを間違わず、入手が容易なLANのコネクタ(RJ45)を流用して接続できるようにした。

電流計には、一般に使われている電流トランス(CT)の他、電源が必要なものも接続できるよう、DC3.3Vも出力している。

前へ  次へ

(Visited 561 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする