屋側配管設置

今、自宅の外壁工事中のため、家の周囲に足場が組まれている。その機会を利用して、直流給電用の配線工事もしようと画策。

大工のおっちゃんにお願いして、配電盤の設置してある洗面所の外壁に穴を開けてもらい、未来工業の露出用丸形ボックスを設置してもらった。

そこに、昨日、今日で、内径22mmのPF管を設置。14mmのPF管は、光ネットを引いたときにファイバを通すために設置してもらったもので、その上にPF管をサドルで肯定して設置。ベランダに設置予定の太陽光発電用の電源ボックスからのVVFケーブルを屋内に引き込むために利用予定。

その他、エアコンのダクトを利用して1F、2Fの2箇所からもVVFケーブルを引き込む予定。

着々と自宅の直流給電環境整備が進行中。

s-コピー ~ 20140713_095857

(Visited 195 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする