オフグリッド直流電力システム開発(32) 我が家のオフグリッド直流電力システム

バッテリを2台から4台に増加し、μMPPTをバージョン2に変更し、インテリジェントバッテリコントローラも2台連携型にし、自宅のオフグリッド直流電力システムが大幅に拡充したので、ここに改めて紹介しよう。

20160911%e6%88%91%e3%81%8c%e5%ae%b6%e3%81%ae%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%83%e3%83%89%e7%9b%b4%e6%b5%81%e9%9b%bb%e5%8a%9b%e3%82%b7%e3%82%b9%e3%83%86%e3%83%a0

μMPPTは以下のような検証機のため半透明プラスチックケースに入れて設置。

s-dscf1764  s-dscf1765

これらはダウンコンバータ。80Vto5V電源搭載型。実験基板再利用のためラッカースプレーをはいだ後がありちょっと汚らしいが、動作上は問題なし。

s-dscf1766

こちらはアップコンバータ。電流測定機能を省いてコストダウン。μMPPTv1基板を転用。

バッテリを2台増設したため、インテリジェントバッテリコントローラが2台となり、防水ボックス内に2台を収め、連係動作させている。

s-dscf1767

直流分電盤内に設置していたμMPPTv1をv2ではをパネル近傍に設置したため、分電盤内がすっきり。

s-dscf1272  s-dscf1768

以前の状態                  今の状態

ベランダに設置した機器の全景はこんな感じ。

s-dscf1769

前回へ  次回へ

(Visited 413 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする