PV用DCDCコンバータ開発(8) 制御ソフト基本部検証完了

三連休の最後の半日は、久しぶりに工作に没頭できた。

おかげで、ソフトの骨子はほぼ完成。

20121008_215951

まだ、電力メインロードとは接続していないものの、入力電圧、出力電圧、出力電流の値をボリューム(写真中央に縦に三つ並んだ青丸の部品)でシミュレーションして、定電流モード充電、定電圧モード充電、充電満了、その他、電圧低下、異常上昇などのエラー処理なども、ひととおり設計通りに動くことが確認できた。

ソフト開発は、設計、プログラミング、動作検証、不具合原因探索、バグ改修という当り前の開発サイクルを何度も回す。コンピュータシステムの上で動く業務用のシステムと違い、ハードウェアと連係させる必要があり、ハードの不具合か、ソフトに起因するものか、判別しながら進めなければならず、経験に基づく勘所が必要。

最近は、不具合の原因をつきとめるまでの時間が短くなってきた。良い傾向。

来週末は、ようやく太陽光パネルに接続して、動作検証をできそうだぞ。

前回へ  次回へ

(Visited 129 times, 1 visits today)
スポンサーリンク

シェアする

フォローする